2015-08

体温アップ健康法

筋肉 量より質

筋肉 量より質 です。じつは筋肉を鍛えるうえでもっとも大切なのは回数や負荷ではないのです。筋肉を鍛えるうえでもっとも大切なのは、「脳から筋肉への神経の経路を鍛える」ことです。たしかに回数を増やしたり、徐々に負荷を増やしたりしていけば、筋肉は太く発達していきます。
体温アップ健康法

冷え 改善 筋肉 をつける

冷え 改善 筋肉 をつけることです。足の筋肉を鍛えるメリットは、たんに血行がよくなるだけではありません。筋肉が増えると、筋肉自体が熱をつくりだすので、血行改善と合わせて二重の効果で冷え性が改善されるのです。
体温アップ健康法

有酸素運動 脂肪 減らし 無酸素運動 筋力アップ

有酸素運動 脂肪 減らし 無酸素運動 筋力アップ に働きます。運動には、「有酸素運動」と「無酸素運動」の2つがあります。有酸素運動というのは、ジョギングやウォーキング、エアロビクスなど、比較的低い負荷で長時間続けられる運動です。 また、無酸素運動というのは、ウェイトリフティングや短距離走など、息を止めて短時間に強い力を発揮する運動です。
体温アップ健康法

筋肉 使わない とどんどん減少していく

筋肉 使わない とどんどん減少していくので毎日使うように考えたり、トレーニングは毎日(過度ではない)行うべきでしょう。通常の生活をした場合の加齢による筋肉の減少率が年間1% ですから、寝たきり生活をすると、たった2日間で1年分の筋肉を失ってしまうということです。皆さんも風邪などで一週間近く寝込んだあと、体がふらふらするのを体験したことがあると思います。あれは、風邪によって体力が消耗したということもあるのですが、筋肉が短期間で急激に失われてしまったため、体を支える力が低下してしまった結果でもあるのです。
体温アップ健康法

筋肉が減少 脂肪が増加 する 間違い ダイエット

筋肉が減少 脂肪が増加 する 間違い ダイエットについてです。カロリーを抑えるダイエットでもっとも怖いのは、やせるときは筋肉が落ち、リバウンドするときは、その分が「脂肪」として増えてしまうということです。 たとえば、カロリー制限で体重を3キロ落とし、その後リバウンドで3キロ体重が増えたとしましょう。そんなとき、多くの人は「もとに戻ってしまった」といいますが、それは違います。
体温アップ健康法

筋肉 体温 筋肉量を増やせば体温は自然にあがる

筋肉 体温 筋肉量を増やせば体温は自然にあがります。基礎代謝は同じ体重の場合でも女性より男性のほうが多いということにあります。じつはこの差は、男女の筋肉量の差です。男性は女性より筋肉の量が多いため、自然と基礎代謝も多くなるのです。
体温アップ健康法

高齢 病気 50歳を過ぎると病気になる理由

高齢 病気 50歳を過ぎると病気になる理由を紹介します。とくにリスクが高くなるので気をつけていただきたいのが、50代以上の人の低体温です。 同じ低体温でも、20代では深刻な病気になる人はそれほど多くありませんが、50代になると病気を発症してしまう人が急増します。
体温アップ健康法

体温 げれば OK

私達が 健康で病気にならない生活を送るための条件は 体温 上げれば OK です。細胞のダメージを回復させたくても体の機能が低下して回復させられない。そんな低体温がもたらす「負のスパイラル」から抜け出す最善の方法は、体温を上げることです。
体温アップで病気を改善

低体温不健康 高体温 健康

低体温不健康 高体温 健康 です。体温が低い原因はさまざまです。体温が1度上昇すると、体の中のさまざまな場所で、劇的な変化が生じます。まず、体温が上がると血行がよくなります。血行がよくなるということは、血液がスムーズに流れるということなので、結果的に血流量が増えることになります。
体温アップで病気を改善

1日1回 体温 1度上げる習慣

1日1回 体温 1度上げる習慣が健康への第一歩です。 低体温不健康 高体温 健康でも紹介していますが高体温になれば体の免疫力は大きく高まります。
タイトルとURLをコピーしました