2015年09月一覧

子供に炭酸飲料はよくない 二酸化炭素の血中濃度があがることで副交感神経を刺激

間食をとったり炭酸飲料を飲む機会が増えていることも、子どものアレルギー発症のリスクを高めています。間食の回数や量が増えると、そのたびに胃腸が動くので副交感神経が刺激され、本来なら交感神経が優位に働くべき時間帯に副交感神経が刺激されてしまいます。