子供に炭酸飲料はよくない 二酸化炭素の血中濃度があがることで副交感神経を刺激

間食をとったり炭酸飲料を飲む機会が増えていることも、子どものアレルギー発症のリスクを高めています。間食の回数や量が増えると、そのたびに胃腸が動くので副交感神経が刺激され、本来なら交感神経が優位に働くべき時間帯に副交感神経が刺激されてしまいます。

屋外で筋肉を鍛えると骨も丈夫になる

そもそも、骨がもろくなるのは、骨の中に蓄えられているカルシウムが血液の中に溶け出してしまうことが原因です。人間の体は、血液の中につねに一定量のカルシウムを必要としています。そのため、血液中のカルシウム量が低下すると、足りない分を体の他の場所から補充します。