睡眠薬の服用は、睡眠障害を悪化させるだけ

睡眠薬

睡眠薬


低体温は、睡眠の質まで低下させます。そのため、低体温の人の中には、睡眠に関する悩みを抱えていらっしやる方がたくさんいます。寝付けない、途中で目が覚めてしまう、朝、起きられない…さまざまです。
生理的な睡眠に何らかの障害が起きている状態を「睡眠障害」といいますが、この睡眠障害にもさまざまなタイプがあります。

まず、ふとんに入ってもなかなか寝つけない「入眠障害」。
寝つきはそれほど悪くないのだけれど、尿意もないのに夜中に何度も目が覚めてしまう「中途覚醒」。
そして、お年寄りに多い、朝早くに目が覚めてしまう「早朝覚醒」です。

じつは、睡眠障害は自律神経の過緊張が原因で起きるのですが、副交感神経過剰型と、交感神経過剰型では、現れる病態に違いがあります。

交感神経過緊張の方に現れやすいのは、「中途覚醒」と「早朝覚醒」です。睡眠は、本来「副交感神経優位」の状態で行われます。
そのため交感神経が過剰に緊張していると、深い睡眠に入ることができず、些細なことで目が覚めてしまいます。原因としては、働きすぎや精神的ストレスのほかに、薬剤性の交感神経過緊張があげられます。

なかでもとくに注意してほしいのが、薬剤性ストレスです。中途覚醒や早朝覚醒があると、ゆっくり眠りたいという気持ちから「睡眠薬」の服用を医師に希望される方が多いのですが、これは逆効果です。
睡眠薬の副作用についてはこちらです。
2~3日の旅行や出張などの時に限定的に使用するのは問題ありません。

糖尿病や高血圧症などでふだんから薬を常用している人は、こうした薬剤性の不眠症になりやすく、睡眠薬もはじめのころは効果があるのですが、長い日で見ると交感神経を刺激してしまうので、常用することによってさらに重い睡眠障害を招く結果になってしまいます。もう1つの「入眠障害」は、副交感神経の過緊張によって起こります。こちらの原因は2つです。

1つは運動不足で、もう1つは昼寝のしすぎです。入眠障害の場合は、睡眠導入剤や抗不安薬を服用する人が多いのですが、これらは交感神経を刺激するので、常用すると今度は中途覚醒や早朝覚醒に悩まされるようになり、睡眠の質を改善することはできません。

では、どうすればいいのでしょう。入眠障害の人は比較的かんたんです。まず、日中にしっかり体を動かすこと運動が大切です。そして、眠くなっても昼寝を我慢することです。どうしても眠くてたまらない人は昼寝をしてもかまいませんが、長く眠らず15分程度の仮眠にとどめておきましょう。昼寝についてはこちら
この2つを実践すれば、ほとんどの入眠障害は改善されます。

運動をしても昼寝を減らしたのにやっぱり眠れない

体を動かすようにウォーキングをはじめた!昼食の後の昼寝もやめた!でも眠れない…そんな人にとって不眠は頭から離れずにおおきストレスとなってしまいます。でも睡眠薬はクセになる…
そんな場合は、「快眠ぐっすり酵素」をおすすめします。飲むだけで眠ることができます。

大麦発酵酵素を 主成分としたサプリメント「セロトアルファ」は 本来の身体の機能を元に戻す手助けをさせて頂けるように開発された商品です。5の厳選素材をふんだんに使い飲むだけで眠ることが出来ます。大麦発酵酵素でセロトニンを活性化させることで快眠につながります。

  1. 体内から活性化「大麦発酵酵素」
    大麦を麹で発酵させた物質を体内で効果的に吸収できるよう研究を重ねた結果、遂に商品化に成功
  2. 酵素がたっぷり「麹カプセル」
    麹にはでんぷん質を消化いて糖分に分解するアミラーゼ、たんぱく質をアミノ酸に分解するプロテアーゼ、脂肪を分解するリパーゼの3大消化酵素が含まれます。
  3. 生きたまま大腸に「ビフィズス菌」
    腸は第2の脳と言われ、善玉菌、悪玉菌をバランスよく機能させています。一般にビフィズス菌は酸や酸素に弱いのですが、セロトアルファにはビフィズス菌BB536を配合しており、他のビフィズス菌に比べ酸や酸素に強く、セインの中での生菌数が高く生きたまま腸に到達します。
  4. 万能アミノ酸「グリシン」
    グリシンは注目の成分でサプリメントができるほどです。グリシンをバランス良くカプールセルの中に配合し身体のリズムを整えます。
  5. 酸化防止「焼成カルシウム」
    牡蠣の殻を特殊製法で微粉末にした「焼成カルシウム」は長時間にわたり酸化還元作用が確認されています。老廃物や有害ミネラルを体外に排出し健康な免疫機能、代謝機能を保持します。

快眠ぐっすり酵素「ヌーススピリッツ」はこちら。