雨、雪が降っても毎日外を30分歩く

雨降りでも30分のウォーキング

雨降りでも30分のウォーキング


朝、水分補給(白湯がおすすめ)をしたら、朝食の前に運動をするのが理想です。
運動といってもジョギングかウォーキング程度の、軽い有酸素運動を30分ほど行えば充分です。ここでのポイントは、朝のウォーキングを習慣化していただきたいということです。

雨の日も雪の日も風の日も、できるかぎり毎日30分問ウォーキングを行うようにします。

朝は1日の中でももっとも体温が低い時間帯です。そのときに30分間ウォーキングすると、個人差はありますが、だいたい0.7~1お度、体温が上昇します。こうして冷えた体を交感神経の高まりとともに、一気に高めておくと、その日1日の体調がとてもよくなります。

さらに、30分間有酸素運動をすると、それだけで毎日8グラムの内臓脂肪を減らすことができるので、体重の維持管理にも大きく役立ちます。ダイエットをしたいという人は、ウォーキングの前に3分から5分程度で充分なの筋トレをするとさらに効果的です。

この場合の筋トレは、毎日行うわけではありません。3日に1度程度で、充分な効果があります。組み合わせる筋トレは何でもかまいません。腹筋でも腕立て伏せでもスクワットでも、自分の体調に合わせて行ってください。

ウォーキングの前に20メートルダッシュを1本走るだけでも確実に効果があります。ただし、筋トレをする場合は、ふだんより念入りにストレッチを行います。

神経の経路を鍛えるためには、全身の力を振り絞って筋トレをするのが望ましいのですが、朝は体が硬くなっているので、ストレッチで関節の可動城を充分に広げておかないとけがをしてしまいます。ストレッチでお勧めなのは、体中の筋を伸ばす運動と、関節を回して可動域を広げる運動です。

大リーグで活躍しているイチロー選手は、ちょっとした時間の合間に、ストレッチひじをしている姿が見られます。前に伸ばした片方の腕の肘の辺りにもう片方の腕を添えひざて伸ばす運動や、足を肩幅より少し開いて立ち、両膝に手を置き、腰を落とした体勢叩で体をねじり、肩を前に入れる運動など、彼のストレッチの多くは、関節の可動域を広げる運動です。ああいう地道なストレッチをつねに行っていることが、イチロー選手にけがが少ない理由といえるでしょう。

ウォーキングは散歩のようなものなので、ついつい準備運動もせずに動き出してしまう人が多いのですが、ストレッチだけは必ず行うようにします。

また、歩くときは、背筋を伸ばし、肛門を引き締めるような意識をもって、スッスッと、リズミカルに歩くのがポイントです。だらだらと歩いていたのでは、効果は半減です。

そして、肛門を意識するというのは、じつはとても大切なことです。一定の年齢になると、男性も女性も肛門の周りの筋肉「括約筋」が衰えてきまます。

この筋肉が弱くなると、オナラのつもりが糞便が出てしまったり、女性だと尿失禁に悩まされることになります。歩くときに肛門を意識的に引き締めることは、括約筋のとてもよいトレーニングになるので、続けていると、朝のウオーキングだけでも、尿失禁などの改善につながります。若い人でも、括約筋をトレーニングすることは、ヒップアップにつながるので、実践することをおすすめします。

背筋を伸ばしておしりと腹筋を引き締める。昔は、こうした「正しい姿勢」を意識してつくりなさい、ということがよくいわれました。こうしたことは囲碁、茶道や華道などはもちろん、昔は日常的にも書道や読書、食事をするときに教えられていました。ある一定以上の年齢の方だと、子ども時代に「姿勢が悪い!」と親に怒られて、竹の物差しを背中に入れられた経験のある方は多いと思います。

子どものころは嫌でしたが、正しい姿勢を維持することの大切さを知ったいまは、厳しく躾けられたことを親に感謝しています。最近では、子どもの姿勢ということが厳しくいわれなくなってしまいました。その結果、猫背や脊椎側湾症という背骨の歪んだ子どもが増えてきてしまっています。

背骨は私たちの血液や免疫物質をつくつてくれているとても大切な場所です。正しい姿勢は体だけでなく、健康も支えている重要な場所なのです。