成長期の子供にはトマトを食べさせる

トマト

トマト


ダイエットに話が行くと、いかにして余分なカロリーを減らすかということが問題になるので、どうしても「食事を減らす」ことばかりに意識が行ってしまいがちです。

でも、私たちの体をつくっているのは日々の食事なので、その質を高めることはとても大切です。アメリカでは、その質を補うものとしてサプリメントが広く活用されていますが、そのサプリメントも原料は食品です。

食べものの知識をもってバランスのよい食事をすれば、サプリメントに頼らなくても、食事の質を向上させ、健康に役立てることができます。

私は、小さいころからずっと「反抗期」がないまま、この年まで成長してきてしまっているのです。そして、それはトマトのせい(おかげ? )だと思っているのです。

私は子どものころ、毎日大量のトマトを食べて育ちました。別にトマトが好きだったわけではありません。母の実家からトマトが大量に送られてきていたのです。あるから食べる、私が食べると祖母が喜んでまた送ってくる。そんなことを繰り返して、わが家にはいつもトマトがたくさんあったのです。

ところが、これは祖母が亡くなって、家にトマトが届かなくなって初めて気づいたのですが、トマトを毎日食べていると、気持ちがとても落ち着いて、怒ったりイライラしたりするということがまったくなかったのです。

おかげで私は、親に反抗することなく成長したというわけです。このトマトの謎が解けたのは、いろいろ勉強する過程で、トマトには「ギャバ」というストレスを緩和させる成分がとても多く含まれていることを知ったのです。

最近は、ストレス緩和を謳ったギャバ入りチョコレートなどが市販されているので、ギヤバにストレス棲和の効果があることはよく知られていますが、当時は祖母も両親ももそんなことは知りません。本当に偶然だったのです。

ギャバには、ストレス緩和のほかにも成長ホルモンの分泌を促す効果もあるので、アンチエイジングの面からもトマトはお勧めの食品です。

トマトのおかげで、身長も伸び、中学1年生まではクラスでもトップの身長を誇っていました。でも、残念なことに、トマトの供給が止まったのを境に、私の身長の伸びも悪くなり、そのまま身長は伸び悩んでしまいました。

あのままトマトを食べていればと思うと、その点だけは残念です。ちなみに、ギャバ入りチョコレートはヒット商品のようですが、私はその効果は気休めだと思っています。なぜなら、チョコレートに含まれるティラミンという成分はストレス嬢和とは逆の働き、つまり交感神経を興奮させてしまう食品だからです。

含まれているギャバに効果はあるのでしょうが、いっしょに摂るチョコレートで効果は相殺というところだと思います。成長期なのに受験でストレスを抱えているお子さんには、ギャバ入りチョコレートではなく、ぜひトマトをふんだんに食べさせてあげてください。ちなみに余談ですが、多くのイタリア人の性格が陽気なのも、このトマトの多い食生活が影響している可能性は高いです。

世界最大のトマト消費国であるイタリアの食文化には、トマトは欠かせない食材です。モッツァレラチーズにトマト、パスタにもトマト、サラダにもトマト、サンドイッチにもトマト。イタリアの食卓にトマトが並ばない日はないといってもいいくらいです。

もちろんラテン系という国民性もあると思いますが、子どもからお年寄りまで、イタリアの人たちのいつも陽気でいられるメンタルコンディションを支えているのは、ギャバを豊富に含むトマトなのかもしれません。

妻や夫がイライラして困っているという方は、ぜひ食卓にトマトが上るようにしてみてください。意外なものが体にいいということでは、じつは「メタボの人が肉食をゼロにしてしまうのは、かえってよくない」ということもわかっています。

日本ではメタポリック・シンドロームはたんなる中年太りだと思われているので、脂肪分の多い肉食は極力控えるように指導されます。しかし、すでに述べたように、男性のメタポリック・シンドロームには男性更年期障害が大きく関わっています。そのため、肉食をゼロにしてしまうと、男性ホルモンがさらに低下してしまうので逆効果になってしまうのです。

男性ホルモン「テストステロン」の原料は筋肉です。そのため、男性更年期障害を予防する意味で、最近のアメリカでは、なんと1日100グラムの肉を摂ることが推奨されているのです。もちろん、だからといってメタボの人が無制限に肉食をしていいというわけではありません。

あまりに食べすぎて、運動不足のメタボの状態では、肉食はカロリーが高いので、やはり控えなければなりません。まずは、たまりすぎた内臓脂肪を減らすことが先決です。男性ホルモンの分泌につながる肉食が勧められるのは、無酸素運動と有酸素運動の組み合わせの運動を習慣化して、内臓脂肪をある程度減らすことができてからのことです。
でも、そうして内臓脂肪を減らしてから、ある程度の運動をしながら適量の脂肪を摂取していくことは、テストステロンの分泌を促すので、メタポリック・シンドロームの再発を防ぐことにつながるのです。

トマトは高血圧にも効くということでトクホからも商品がでています。トマトの効能、効果には驚かされます。