お風呂の温度は41度が適温

風呂温度

風呂温度


風呂にはいつ入っているでしょうか?「理想の1日」では夜寝る前に入浴を設定しましたが、それは、体を温めた状態で寝ると睡眠中の成長ホルモンの分泌がよくなるからです。

睡眠中の成長ホルモンを最大限に引き出したいという人は、お風呂に入る前に5分程度の筋トレをすると、さらに効果的です。筋トレとお風呂と睡眠、三段階で成長ホルモンの分泌が促される、最高の方法です。

でも、ここでの最大の目的は、1日1回、お風呂に入って体温を1度上げるということなので、入浴の時間帯は朝でも夜でもどちらでも結構です。

自分の生活のリズムに合わせて、都合のよい時間帯に入ってください。お風呂は湯船に十分程度浸かれば、だいたい体温が1度くらい上がるので、長湯をする必要はありません。それよりも大切なのは、毎日お風呂に入り、1日1回、体温を1度上げるということを習慣化することです。

ただし、とくに日本人は熱いお風呂に入るのが大好きですが、温度の下がった浴室で急に高温のお湯に入るようなことは極力避けなければいけません。

これは、急激な温度変化によって健康に障害が出る「ヒートショック現象」の可能性があるからです。急に暖かい場所から寒い場所へ、あるいはその反対に移動すると、血圧が急激に変わり、とくに高齢者や高血圧症患者の方は心筋梗塞や脳卒中などが起こりやすい状態になります。

家庭内でこのヒートショック現象によって亡くなる人の数は、全国で平均すると毎年2万人以上います。これは、交通事故で亡くなられる方より多いのです。

車の行き交う道路よりも、冷たい浴室で高温のお風呂に入ることのほうがよほど危険だということです。理想の入浴温度は41度です。それ以上熱いのも、ぬるいのもお勧めできません。じつは、41度以下が副交感神経を優位に保つために最適な温度なのです。42度以上だと交感神経が刺激されてしまいますし、だからといってお湯の温度が低すぎると、今度は「体温を上げる」という本来の意味をなさなくなってしまいます。

冷え性や高齢の方には、心臓や肺への負担をより少なくするために半身浴をお勧めします。半身浴についてはこちら

ただ、長時間入浴すると脱水症状を引き起こす危険性もあるので、入浴前後で水分補給を心がけながら入るようにしてください。
半身浴では、みぞおちの下まで、下半身を中心に20~30分くらいゆっくりと時間をかけてお湯に浸かります。そうすることによって、体の芯まで温めることができます。

最近は、家庭のお風呂でも湯温調整ができるようになっているので、あらかじめ41度に設定しておくといいでしょう。

よく注意して見ると、一流のスポーツクラブやゴルフ場、ホテルや旅館では、みな湯温は41度に設定、管理されていることに気づくはずです。

それはもちろんお客様の体にとって一番いい環境を提供するというサービスの意味もあるのですが、それと同時に、万が一の事態が発生したときに、「われわれとしては生理学的に最適温度のお風呂を提供しています。もしそれで問題が生じた場合は、当店としては責任を負いかねます」という施設サイドの保険でもあるのです。