微熱で解熱剤を使うのNG

微熱で解熱剤はNG

微熱で解熱剤はNG


体を温めることは、風邪にかぎらずどんなときにも実行してほしい健康法です。幼いころに風邪をひいたり体調が悪くなったりすると、必ずパンツを2枚はかされた経験のある人もいると思います。

せきくしやみをしたり咳をしたり、風邪の兆候が現れると、「風邪薬」ではなく、パンツをはく習慣のあった人も多いと思います。

いまにして思えば、パンツを2枚はくことで体を温めていたのだということがわかりますが、これが先祖代々の風邪撃退法だということはわかりませんでした。しかし、このおまじないのような方法が、とても効果があったのです。

パンツにかぎらず、お風呂でも腹巻きでもカイロでも湯たんぽでも、どんな方法でもいいので、とにかく体調がすぐれないときは体を温めることが大切です。

ところが、多くの人はこれと対極のことをしてしまっています。その代表が「風邪薬」です。風邪気味ぐらいで薬を飲むのは、かえってて体によくないので絶対にやめてください。

一般的な風邪薬というのは、風邪の原因となるウィルスに対処するものではなく、諸症状を嬢和する薬品成分がいろいろと含まれたものです。そして、そうした薬品成分の多くは副交感神経の働きを抑え、交感神経を刺激するものなのです。

そのため、働きすぎで疲れている人が風邪薬を飲むと、ただでさえあまりよくない血行がさらに悪くなり、低体温を招いて、免疫力が低下してしまう危険性があります。

風邪薬よりさらに悪いのが「鎮痛解熱剤」の服用です。鎮痛解熱剤のほとんどは、交感神経を高める性質をもっています。でも、リスクはそれだけではありません。

この薬が危険なのは、文字どおり体温を下げる薬だということです。熱に弱い人やふだんから低体温の人は、37度でも熱っぼいだるさや発熱のつらさを感じることがあるので、解熱剤を服周してしまうことがあります。その熟は体が免疫力を高めてウィルスと闘うために必要な熱です。それを解熱剤で下げるということは、免疫システムの足を引っ張る裏切り行為であり、まさに本末転倒な行為なのです。

ですから、こうした解熱剤の危険性を熟知した医師は、かんたんに解熱剤を処方することはありません。高齢者など体力のない方の場合は、37.2分ぐらいで解熱剤を必要とする場合もありますが、そのときには解熱剤としてはもっとも体に負担のかからないアセトアミノフェン系の薬を、その人の状態を見ながら微妙に調節し、体温が37度台後半を維持するよう細心の注意を払って投与します。

けっして「毎食後1錠ずつ」というようなおおざっぱな処方はしません。本来、薬の処方というのは、それほどむずかしいものなのです。

たとえ市販薬(風邪薬の市販薬はこちら)であっても、けっして安易に飲まないようにしなければなりません。

現在アメリカでは、初期の風邪で薬を処方することはほとんどありません。軽い風邪のときに飲むのは、薬ではなく、ビタミンCとマグネシウムぐらいで十分です。
なぜマグネシウムをいっしょに摂るのかというと、ビタミンC は、バイオフラボノイド類、カルシウム、マグネシウムといっしょのときにもっとも効率的に働くからです。そしてふだんの食生活ではマグネシウムが不足しがちなので、ビタミンCの働きをよくするためにいっしょに摂るのです。

関連情報