低体温は不健康体、高体温は健康体

高体温、低体温

高体温、低体温


体温が1度上がると、免疫力は500~600% 上昇すると、説明しました。しかし、体温上昇のメリットはそれだけではありません。

体温が1度上昇すると、体の中のさまざまな場所で、劇的な変化が生じます。まず、体温が上がると血行がよくなります。血行がよくなるということは、血液がスムーズに流れるということなので、結果的に血流量が増えることになります。

血流量が増えると、体を構成する細胞に充分な酸素と栄養が供給されるので、同じ運動量でも筋肉の修復がスムーズに行われ、筋肉が増えやすくなります。さらに、筋肉の場合と同じ理由で骨も丈夫になります。つまり、体温が1度上がると、それだけで骨粗鬆症の予防になるということです。
骨粗鬆症についてはこちら
また、血流量が増えると、胃や腸など消化器系の臓器にもよい影響が出ます。具体的にいうと、胃腸が内容物を先に送るための嬬動運動が活発になるのです。疇動運動が活発になると、腸の中で発生する硫化水素や活性酸素といった毒素が素早く排泄されるので、便秘の解消や大腸ガンの予防につながります。

体温が上がると、体だけでなく同時に脳の血行もよくなるので、脳の活性化が進みます。とくに、「海馬」という記憶能力に関わる場所の血行がよくなると、記憶力低下や痴呆症の防止に効果があります。

そして、体温が上がると、血行がよくなるだけでなく、酵素が活性化するので、その恩恵にもあずかることになります。体内の酵素が活性化すると、たとえば糖尿病の人ならインシュリンの作用がよくなったり、新陳代謝が活発になるので、細胞が若返ります。

新陳代謝が活発になると、見た目では肌が美しくなりますが、それは同時に体の中の細胞も若く美しく変化しているということなので、体全体にメリットがあるのです。もちろん、こうした恩恵は、体温が一瞬上がったというだけでは得られません。恒常的に体温が一度上昇した場合に得られるものだと考えてください。そして、体温が恒常的に上がると、自律神経の乱れそのものが改善されていくので、その情報が体温中枢のある脳の視床下部に行き、視床下部の負担が軽減されることによって、同じ視床下部から分泌される生殖腺刺激ホルモン放出ホルモンが整い、男性更年期障害にもよい影響が現れます。

体温がたった1度上がるだけで、これほど多くの恩恵が体にはもたらされるのです。低体温が不健康の元であり、高体温は健康の源だということです。