体温さえ上げればOK

体温をあげる

体温をあげる


細胞のダメージを回復させたくても体の機能が低下して回復させられない。そんな低体温がもたらす「負のスパイラル」から抜け出す最善の方法は、体温を上げることです。

体温を恒常的に上げることには、絶大な健康効果があります。低体温はストレスがもたらした結果でもあります。その結果を意識的に変えることで、体の機能を回復させ、ストレスに対する抵抗力をつけることができるのです。たとえば、よく女性が下半身の冷えを訴えますがこの症状からわかる病気ば部位別に見るとこんなにあります。
ただの冷えがこんなにもさまざまな病気を引き起こしてしまうのです。それほど冷えは大切な危険信号でもあるのです。

では、なぜ体温を上げるだけで、健康を手に入れることができるのでしょう。体温が高くなったとき、最初に変化するのは血流です。
低体温が血流を悪くさせるのとは逆の理由で、体温が上昇するとそれだけでも血流はよくなります。血流がよくなると、ストレスによってダメージを受けていた細胞に糖(グルコース)というエネルギー源が供給されます。それと同時に、体温アップによって酵素活性も上がるので、エネルギーを効率よくつくりだすことができるようになります。

こうして細胞がストレスから回復すると、その情報が脳に行き、脳の視床下部から下垂体へ、そして自律神経、ホルモンへと伝達されていきます。こうしてよい情報が伝達されていくことによって、体全体の機能も正常に整っていくのです。

つまり、「負のスパイラル」が、体温を上げることによって、「正のスパイラル」へと転換されるということです。お風呂や温泉、サウナなどで体を芯から温めると、体中の疲れがとれたように感じますが、それは細胞のストレス状態が回復するからなのです。

しかし、そのよい状態は、前年がながら長くは続きません。体が冷えると、またもとの低体温状態に戻ってしまうからです。ですから、体をつねにべストの健康状態にするためには、外から温めるだけでなく、つねに体温の高い状態をキープできる体づくりをすることが必要です。

そこで誰もができる「恒常的に体温の高い体をつくる方法」をご紹介していきたいと思います。普段の日々の生活からストレスをなくすことはかんたんではありません。でも、高体温の体を維持することは、日々のちょっとした努力の積み重ねで誰もができることです。
ぜひ今日から、体温を上げる習慣を生活の中に取り入れていただきたいと思います。
生姜の冷え取り力の実力