50代を過ぎると病気になる理由

50代を過ぎると病気になる

50代を過ぎると病気になる


低体温は、あらゆる人にとって非常にマイナスです。なかでも、とくにリスクが高くなるので気をつけていただきたいのが、50代以上の人の低体温です。
同じ低体温でも、二十20代では深刻な病気になる人はそれほど多くありませんが、50代になると病気を発症してしまう人が急増します。

脳の血流障害が原因で起こるパーキンソン病も、発症する人のほとんどが50~60代です。そして、パーキンソン病にかぎらず、多くの病気が50代を頓に発症率が急増します。
なぜ?発症しやすいのでしょうか?

それは、50代を過ぎると、ほとんどの人に加齢による動脈硬化が起こってくるからです。
動脈硬化とは、読んで字のごとく動脈の血管壁が硬くなることです。しかし、たんに硬くなるというだけではありません。血管の内側に悪玉コレステロールがこびりついて「プラーク」と呼ばれる脂肪の塊ができ、血の流れが悪くなるとともに血液が詰まりやすくなってしまうのです。
加齢によって、こうした動脈硬化がひどくなっていくのが、だいたい50代前後。ですから50代の人は、年齢的な問題でどうしても動脈硬化が起きてしまうので、たとえ体温が高い人であっても、その人が若かったときよりは血流が悪くなっていると考えなければなりません。

ただでさえそうした年齢によるリスクがあるのですから、そこに低体温が加わると、発病のリスクは跳ね上がります。動脈硬化によって硬く狭くなった血管の中を、低体温によってドロドロになった血液が流れることになるのです。しかもその低体温が交感神経の過緊張によるものであれば、血管は収縮するのでさらに細くなります。

こうなると、く脳梗塞、心筋梗塞、狭心症など深刻な病気を招くことにもなりかねません。こうした怖い動脈硬化も、これからあげる4つの危険要因に気をつければ、かなりの年齢まで防ぐことができます。

、たとえば、オノ・ヨーコさんは、この4つのリスクファクターに抵触しない生活を実践されているので、血管は見るからにプリンプリン、80歳を超えたのいまも血管年齢は40代の若さを誇っています。

動脈硬化を招く危険要因は、アンチエイジングの世界では昔からよく知られているものなのですが、リスクの高い順にいうと、「高血圧」「喫煙」「糖尿病」「高コレステロール」の4つです。

ここで注目してほしいのは2番目の「喫煙」です。そのほかの3つは、健康診断で要注意といわれると、多くの人が食生活を見直したり、薬を服用したりすることでコントロールようと努力されるのですが、リスクが2番目に高いにもかかわらず、喫煙をやめる方は実際には多くありません。そのためいくら血糖やコレステロールをコントロールしても、タバコを吸いつづけていたのでは効果はありません。
しているかぎり、動脈硬化はどんどん進んでいきます。50歳以降も健康でいるためには、まずは動脈硬化を招く4つの危険要因をすべて取り除くことです。
そのうえで体温を恒常的に上げる努力を続けていけば、血流が改善されるので、硬くなった血管細胞のダメージも徐々に回復し、動脈硬化は改善されていきます。動脈硬化が改善されれば、それだけ病気を発症しにくくなるのです。