筋肉は使わないとどんどん減ってしまう

筋肉は使わないと減少する

筋肉は使わないと減少する


「老」という漢字は、もともと腰が曲がり、顎を突き出した老人の姿をかイメージしたものだといいます。年をとったときに腰が曲がったり猫背になつたりするのは、骨が変形するからではありません。

姿勢を保つのに必要な筋肉が失われるからなのです。その証拠に、腰が曲がった老人も、ふとんに横たわると、体は真っ直ぐになります。もし骨が変形しているのなら、横にななっても腰が曲がってしまうはずです。

私たちの体の筋肉は、基本的には20歳をピークに、年々減少していきます。20代の中肉中背の男子で体の中に占める筋肉量の割合は40% 、女性では35%ほどです。それが70代になると、ピーク時の3分の2程度、つまり約26%~23% にまで減少します。筋肉の減少量を平均すると、だいたい年1% ずつ筋肉は減少していくことがわかります。こうした筋肉の減少率は、男性も女性もほぼ同じです。

ただし、これはごく普通の日常生活を送っていた人の場合です。よく、年をとって転んで骨を折ったのを境に歩けなくなってしまったという話を聞きますが、これは筋肉が急激に失われてしまった結果です。

筋肉というのは、動かさないと驚くほど速いスピードで失われてしまいます。たとえば、寝たきり老人のように1日中、それこそトイレもベッドの上で済ませるような生活をしたとしましょう。いったい筋肉はどのくらい失われると思いますか?なんと、1日で約0.5%もの筋肉が失われてしまうのです。

通常の生活をした場合の加齢による筋肉の減少率が年間1% ですから、寝たきり生活をすると、たった2日間で1年分の筋肉を失ってしまうということです。皆さんも風邪などで一週間近く寝込んだあと、体がふらふらするのを体験したことがあると思います。あれは、風邪によって体力が消耗したということもあるのですが、筋肉が短期間で急激に失われてしまったため、体を支える力が低下してしまった結果でもあるのです。筋肉を維持するためには、毎日の生活の中で、筋肉に適度な負荷をかけつづけることが必要です。

こうした筋肉の研究が進んだのは、人間が宇宙に行くようになったことが1つのきっかけでした。たった数日でも、宇宙に飛び立った飛行士は、地球に帰還したとき、筋肉が衰えてしまい、歩くことができなくなってしまっていたからです。

宇宙空間は無重力なので、宇宙飛行士の体にはほとんど負荷がかかりません。そのため体を動かしていても、相当量の筋肉が失われてしまうのです。ですから、いまでは筋肉の萎縮を防ぐために、出発前に筋肉を増やすトレーニングを行うとともに、宇宙空間でもランニングマシンや自転車こぎのような、マシンを使つて筋肉に負荷をかけるようなトレーニングを行うことがプログラムで決められています。

また、最近は、手術などで入院した患者さんにも、できるだけ早くから病院内を歩くよう指導がなされています。これも、入院中はどうしてもベッドの上で過ごすことが多くなるため、筋肉が衰えるのを防ぐ目的で行われているのです。病院内を少し歩くぐらいで筋肉の減少を防ぐことができるのか、と思うかもしれませんが、人間の筋肉の7割はおへそから下にあるので、「歩く」ということは、私たちが思っている以上に効率よく筋肉を鍛えることにつながっているのです。