ダイエット効果が数倍になる成長ホルモン活用法

ダイエット

ダイエット


内臓脂肪は、たんに見た目のスタイルを悪くするだけのものではありません。お腹がどーんと出ているのはやっぱりかっこわるいですが。アディポサイトカインという、体にさまざまな悪影響を及ぼす悪玉ホルモンをつくりだすものです。

そんな内臓脂肪を落とすには、脂肪を消費する有酸素運動を定期的に継続して行うことが必要です。だからこそダイエットを目指す人たちは有酸素運動を行うのですが、有酸素運動だけではなかなか結果が出ないと感じている人が多いのも事実だと思います。

1日に消費しているエネルギーの約70%は基礎代謝です。ということは、運動で消費されるのは、多く見積もっても全体の30% だということです。

じつはここに、運動だけではなかなかやせない理由があるのです。

によって消費されるエネルギーがどのくらいかご存じでしょうか?
ウォーキングをした場合の消費エネルギーは約140キロカロリーですが、これをジョギングに変えてもスピードにもよりますが消費エネルギーは160キロカロリー程度にしかなりません。しかも、この140キロカロリーが、すべて脂肪の燃焼につながるわけではありません。

有酸素運動をした場合、糖と脂肪の消費される割合は1対1なので、脂肪が燃焼されるのは140カロリーの半分、70キロカロリーだけです。
70キロカロリーとは、脂肪の量にするとどのくらいかというと、脂肪は1グラム約9キロカロリーなので、わずか8グラムです。きらに、その脂肪もすぐに燃焼されるわけではありません。

有酸素運動で脂肪が燃焼するにはどうしても時間を要します。なぜなら、脂肪は脂肪酸とグリセロールに分解されて燃焼を開始するためです。よく有酸素運動は、30分以上継続して行わないと脂肪燃焼効果がないといわれますが、それは、この「分解」が行われるまでに時間がかかってしまうからなのです。

ところが、この分解を速める秘策が1つだけあります。それは、「成長ホルモン」を出すことです。成長ホルモンとは、脳の下垂体から分泌される人間の成長を促すホルモンです。おもな働きは骨や筋肉の成長を促すことですが、このホルモンの働きはそれだけにはとどまりません。じつはこのホルモンは、脂肪を分解する働きももっているのです。

体を成長させるのに必要不可欠な成長ホルモンは、子どものころはさかんに分泌されますが、体の成長が終わる20歳ごろを境に減少していきます。成長ホルモンの分泌がもっとも多い10代のころと比べると、50代の分泌量は5分の1以下にまで低下してしまいます。
年をとるとやせにくくなるのは、この成長ホルモンの減少が関係していたのです。年齢とともに分泌が低下するといっても、あきらめる必要はありません。

ちなみに眠り初めて3時間で成長ホルモンのピークに達します。老化を防ぐ若返りホルモンを分泌させる時間帯です。睡眠もとても大事な要素です。
どうしても寝付きが悪いなどはこちらの酵素がおすすめです。副作用、常習性がなく飲むだけで安眠できる優れモノです。