ストレス解消のためにはリラックスが大事

病気の始まりはストレスに関係している のとおり、現代人はストレスを上手に発散させる、または蓄積させないライフスタイルが健康にも大きく影響します。ストレス=冷えの原因を常に頭に入れておきましょう。

呼吸法で気持ちをゆったりさせる

ストレスや疲労を感じたときには、リラックスすることを心がけましょう。まず自分でできるのが呼吸法。心身がゆったりして、ストレスが消えていき、気分も楽になります。

深呼吸が一番手軽にできるリラックス方法
リラックスする方法にはいろいろありますが、もっとも基本となり、もっとも簡単なのが、呼吸法です。呼吸は自律神経で調整されているので、意識してじょうずにすれば、副交感神経が働いて、心身がゆったりするのです。
呼吸法のひとつは、深呼吸です。鼻から息を吸い、口からゆっくりと息を吐き出します。もうひとつは腹式呼吸です。おなかがゆっくり上下するように、呼吸します。呼吸法は、覚えてしまえば、どんな姿勢でもできます。緊張するような場面に立ったときも、呼吸法でリラックスしましょう。

眼を閉じて静かな気持ちで落ち着く

悪いことがあれこれ頭にあると、心身が緊張してリラックスできません。頭から雑念を追い出してしまうため、眼を閉じて深呼吸し、気分を落ち着けましょう。

頭をからっぽにすればリラックスできる
雑念をなくすというと、瞑想法などと結びつけて、むずかしいものと考えがちです。からしかし慣れてくれば、頭を空にすることは簡単です。
楽な姿勢ですわり、眼を閉じて、ひとつのことだけに神経を集中させます。たとえば、椅子と体が接触している部分だけに神経を向けたり呼吸のことだけを考えたりします。
壁にかかった絵の一点など、ひとつのものを凝視したじゆもんり、呪文を唱える方法もあります。気持ちのよい海岸を歩いている自分を想像するなど、心身がゆったりした自分をイメージする方法もあります。呼吸を楽にして、雑念がなくなると、体の力が抜けてリラックスしてきます。

リラクゼーションで心を解放

森や海、野原など、美しい自然のなかに身を横たえると、不思議にいやなことなど忘れ、リラックスしてくるものです。そん自分をイメージするだけでもずいぶん気分がゆったりします。

自然の中で心を和ませる
忙しい毎日、つらい生活からしばし離れて、たまには大自然の中に身を置いてみましょう。誰しも心の底から解放感が味わえることでしょう。広い空、ゆったり流れる雲を眺めましょう。
毎日、あんなに何を悩んでいたのかと気になります。
思い詰めなくてもいいでしょう。もっと肩の力を抜いてひと休みしましょう。

ストレス解消 涙を流すとスッキリする理由