冷え症改善は筋肉をつける

冷え改善は筋肉をつける

冷え改善は筋肉をつける


低体温とは少し違うのですが、多くの女性が苦しんでいる「冷え性」も、筋肉を鍛えることで治すことができます。低体温は、体温そのものが36度以下に低い状態をいいます。

これに対して冷え性というのは、体の中心部の体温はそれほど低くないのに、手先や足先といった体の末端の血行が悪く、異様なほど冷たくなってしまうという病態のことです。

低体温は、実際には男女の区別なく起こりますが、冷え性で苦しむのは、ほとんどが女性です。では、なぜ女性ばかりが冷え性になるのでしょう。
原因はいくつか考えられますが、その中でも大きな要因となっているのは、低血圧と運動不足です。まず血圧が低いと、体のすみずみまで血液を行き渡らせることができなくなるので、低体温とは少し違うのですが、多くの女性が苦しんでいる「冷え性」も、筋肉を鍛えることで治すことができます。

低体温は、体温そのものが36度以下に低くなつている状態をいいます。これに対して冷え性というのは、体の中心部の体温はそれほど低くないのに、手先や足先といった体の末端の血行が悪く、異様なほど冷たくなつてしまうという病態のことです。低体温は、実際には男女の区別なく起こりますが、冷え性で苦しむのは、ほとんどが女性です。

では、なぜ女性ばかりが冷え性になるのでしょう。原因はいくつか考えられますが、その中でも大きな要因となつているのは、低血圧と運動不足です。まず血圧が低いと、体のすみずみまで血液を行き渡らせることができなくなるので、どうしても末端の血行が悪くなります。

また、女性はただでさえ筋肉量が男性より少ないので、運動が不足すると筋肉の絶対量が足りなくなり、末端から血液を体の中心部へ送り返す力が弱くなってしまうのです。

こうした2つの要因によって、女性は、手足の血行だけが極端に悪くなる「冷え性」になってしまうのです。冷え性を改善するもっともよい方法は、血行が悪くなり冷えやすい下半身の筋肉を鍛えることです。
とくに足の筋肉は、「第二の心臓」と呼ばれるほど、血液の循環に大きな役割を果たしています。でも、

足の筋肉を鍛えるメリットは、たんに血行がよくなるだけではありません。筋肉が増えると、筋肉自体が熱をつくりだすので、血行改善と合わせて二重の効果で冷え性が改善されるのです。

足の筋肉を鍛える基本は、やはり歩くことですが、ふくらはぎに太もも、そして腰の筋肉をl度に鍛えることができるスクワットもお勧めの運動です。この場合も、先に息を止めて無酸素運動としてスクワットを行ってから、呼吸を整え、有酸素運動としてスクワットを行うと、下半身の余分な脂肪が落ちるとともに、必要な筋肉がつくので、引き締まった美しい下半身をつくりながら、冷え性を改善することができます。

ただ、冷え性の人が運動をする場合は、事前に必ず充分なストレッチを行ってください。筋肉が冷えて硬くなった状態のまま急に動かすと、かえつて筋肉を痛めることにもなりかねません。そういう意味では、お風呂で体を温めてから運動するのも、よい方法です。

筋肉痛の時はトレーニングをしない方がいいの

「冷え」はどんなものであれ、それだけで体にとっては大きなストレスです。そのため冷え性を放っておくと、そのストレスによって自律神経のバランスを崩し、体全体が冷える「低体温」へと病態が進行してしまうこともありえます。

ですから、脇の下で測った平熱が36.5度以上ある人でも、末端に冷えがある人は、低体温の予備軍ということができます。冷え性を低体温に進行させないためにも、筋肉トレーニングを日々の生活に取り入れ、全身の体温を高い状態に保つようにしていただきたいと思います。

冷え症の女性は便秘と下痢を繰り返す特徴があります。毎日の適度な運動はこうした体質も改善します。