朝食には枝豆、タラコ、梅干しを食べる

朝食には枝豆、タラコ、梅干し

朝食には枝豆、タラコ、梅干し


人間の体には、嫌気性エネルギー代謝と好気性エネルギー代謝という2つの代謝方法があります。ゆっくりと、深く多くの酸素を取り込む有酸素運動では、このうち好気性エネルギー代謝を行う「クエン酸サイクル」を回すことによってエネルギーを獲得するのですが、じつはこの獲得回路は、嫌気性代謝によって得られるエネルギーの何倍ものエネルギーを獲得できるのです。

クエン酸サイクルによって獲得できるエネルギー量は、嫌気性代謝の18倍といわれています。

なぜこれほど大きなエネルギーが獲得できるのかというと、クエン酸サイクルでは、食事などから得た糖のほかに、疲労の原因となる「乳酸」を分解してエネルギーに変えるからなのです。大きなエネルギーが獲得できるうえ、疲労物質が分解されるので、筋肉を鍛えると、ハードな運動をしても疲れにくいエネルギッシュな体になる、というわけです。

このクエン酸サイクルは、イギリスの科学者ハンス・クレブス氏が発見したサイクルですが、彼はこの発見により、1953年にノーベル医学生理学賞を受賞しました。それくらい、このクエン酸サイクルは、科学上の大きな発見の1つといえるのです。

このクエン酸サイクルを効率よく回すには、ナイアシン、ビタミンB2、クエン酸の3つの物質が必要とされています。ナイアシンをたくさん摂りたければ、タラコを食べるのが一番です。ただし明太子になるとナイアシンがなくなってしまうので、ご注意ください。

ビタミンB2を含む代表的な食品は豆類があげられます。そして、クエン酸をたくさん含む代表選手は梅干しです。クエン酸サイクルを回してエネルギーをたくさん獲得したいのであれば、たとえば、朝食時にタラコと枝豆と梅干しをいっしょに食べればよいでしょう。

そうすると、疲れ知らずのまま1日を過ごすことができます。もっとかんたんな方法もあります。市販の滋養強壮飲料の中には、ナイアシンとビタミンB2がたくさん含まれているものが売られているので、それを飲んで梅干しを食べればよいのです。

たとえば、早朝からゴルフに行く。深夜遅くまで残業をする。そんなときはクエン酸サイクルを回す食品を摂ると、疲れがぐっと軽減されます。

ただし、何事も「過ぎたるは及ばざるがごとし」です。この方法はあくまでもここぞというときに試してみるべきであって、毎日同じ食品を食べるようなことは意味がありません。