コアマッスルの強化で基礎代謝が2割アップ

コアマッスルの強化

コアマッスルの強化


いくら筋肉を鍛えることが体にいいといっても、腕や股の筋肉が太くなり、女性らしい美しいスタイルが失われるのは嫌だ、という人は多いでしょう。
そういう人にぜひお勧めしたいのが、トレーニングをするときに、鍛えたい筋肉に意識を集中させるというトレーニング法です。

たとえば、通常まったく意識しないでベンチプレスや腕立て伏せを行うと、腕の筋肉が発達します。しかし、まったく同じことをしても、胸の筋肉(大胸筋)に意識を集中して行うと、そこの筋肉が鍛えられるので、腕は太くならずバストアップが実現するのです。

同じ理由で、ウォーキングやジョギングをするときも、腹筋やおしりの筋肉に意識を集中させれば、ウェストを引き締め、ヒップアップを実現させながら、足が太くなるのを防ぐことができます

体型を決定するのは、どんな運動をするかではなく、どこの筋肉に意識を集中させるかなのです。そこで、男性にも女性にも、ぜひおすすめなのが、日常生活の中で、コアマッスル(体幹支持筋群) を意識するということです。
コアマッスルとは、首から肩、背中、腰に及ぶ文字どおり姿勢を保持するのに使われる筋肉です。よく姿勢がいいとか、背筋が伸びているといいますが、コアマッスルを意識するというのは、まさに腹筋を引き、背筋を伸ばすということなのです。

私たちはふだん、真っ直ぐ背筋を伸ばしているようで、じつは伸ばしていません。イスに座っているときも腰や背中が曲がっている人がほとんどです。歩いているときも、意識して背筋を伸ばしている人は多くないでしょう。

こうして意識しないでいると、コアマッスルはどんどん衰えていきます。コアマッスルが衰えると、猫背や肩こりといった症状が現れ、それを放っておくと年をとったときに腰が曲がってしまいます。

反対に、コアマッスルが鍛えられていると、姿勢がよくなるので、それだけで若々しく見えます。実際にそう見えるだけでなく、血液の循環がよくなるので、新陳代謝の活発な疲労回復しやすい若々しい体になります。

コアマッスルを鍛えるには、いつも姿勢をよく保つように意識することです。女優さんがインタビューを受けているときの姿を見ると、背筋がぴんと伸びてとてもきれいです。また、モデルの人が歩く姿は、背筋が伸び腹筋が引き締まり、とても若々しく見えます。

こうした姿をイメージしながら、つねによい姿勢を維持するようにします。座っているときの姿勢維持のコツは、両肩を少し後ろに引くような感じで胸を張ること、歩くときのコツは、それに加え腹筋を引き、同時におしりの穴を引き締めるような意識をもつことです。とくにおしりの穴をキュツと締めるのは、とても効果的です。最初はとてもつらく、ついつい筋肉を弛緩させることが多いと思いますが、続けていくうちにコアマッスルが鍛えられるので、自然とよい姿勢が保てるようになつていきます。

姿勢をよく保つ、たったそれだけのことなのですが、体には絶大な効果があります。コアマッスルが鍛えられると、それだけで基礎代謝が2割もアップするといわれています。

基礎代謝1400kcalの人なら、280kcalもアップするということです。これはジョギングにして1時間以上のエネルギーに相当します。
らに、コアマッスルは、とても大きな筋肉なので、体温の恒常的アップにも大きく寄与します。筋肉の中でもとくにコアマッスルを鍛えることは、健康で美しい体を手に入れるもっとも効率のよい方法なのです。