早寝早起きが体にいいのはなぜだろう?

早寝早起き

早寝早起き


人間の体は、交感神経と副交感神経という2つの自律神経が交互に支配することでバランスをとっています。私たちは手や足は自分の意思で自由に動かすことができますが、心臓の動きや腸の動きといった臓器の動きを意識的にコントロールすることはできません。
そうした意識的にコントロールできない体のさまざまな働きをコントロールしているのが自律神経です。交感神経が体を支配すると体はどうなるのでしょう。交感神経が体を支配すると、血管が収縮して血圧が上昇し、気道が拡張して心拍は速くなります。

そしてその一方で、胃や腸など消化器系の働きは抑制されます。つまり、運動するときや仕事をするときなど、脳や筋肉をアクティブに活動させるのに適した状態になるのです。副交感神経が体を支配すると、ちょうどこれと逆の状態になります。

人間の体は、交感神経と副交感神経という2つの自律神経が交互に支配することでバランスをとっています。私たちは手や足は自分の意思で自由に動かすことができますが、心臓の動きや腸の動きといった臓器の動きを意識的にコントロールすることはできません。

自律神経のバランスはなぜ乱れてしまうのか?
https://jiritsu-guide.com/2013/05/30/%E8%87%AA%E5%BE%8B%E7%A5%9E%E7%B5%8C%E3%81%AE%E3%83%90%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%9C%E4%B9%B1%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%86%E3%81%AE%E3%81%8B%EF%BC%9F/

そうした意識的にコントロールできない体のさまざまな働きをコントロールしているのが自律神経です。交感神経が体を支配すると体はどうなるのでしょう。
交感神経が体を支配すると、血管が収縮して血圧が上昇し、気道が拡張して心拍は速くなります。そしてその一方で、胃や腸など消化器系の働きは抑制されます。つまり、運動するときや仕事をするときなど、脳や筋肉をアクティブに活動させるのに適した状態になるのです。副交感神経が体を支配すると、ちょうどこれと逆の状態になります。

これは、副交感神経優位になっていた体が、体を動かしたことに反応して、交感神経優位に切り替わるからです。また、日中でも食後に眠くなるのは、胃腸が動いたことによって、それまで交感神経優位だった体が、副交感神経優位に切り替わるからなのです。

ですからたとえ夜でも、仕事をしていれば交感神経が優位に働き、日中でもごろごろしていれば副交感神経が優位に働きます。そしてじつは、こうした日内リズムに反した生活をすることがストレスとなり、自律神経のバランスを崩し、病気をつくりだしてしまっているのです。

理想は、日内リズムに即して、活動すべき時間にきちんと活動し、休むべき時間にきちんと休み、それぞれの自律神経をバランスよく刺激することです。なかには規則正しく夜働いて昼間眠るという夜勤の仕事をしている人がいますが、どんなに規則正しくても、睡眠時間が充分にとれていても、体本来のリズムである日内リズムに反する生活は自律神経のバランスを崩すことにつながります。

早寝早起き、規則正しい生活が、健康を維持していくうえでとても大切なのは、それが自律神経のバランスを整えるもっともよい方法だからなのです。
規則正しい生活のためには、夜、早めに寝ることです。どうしても入眠の際に時間がかかってしまう人は「快眠ぐっすり酵素」などを活用するのもひとつの方法です。