解熱剤、ステロイド剤、抗がん剤には注意 交感神経を過剰に刺激してしまう

解熱剤、ステロイド剤、抗がん剤

解熱剤、ステロイド剤、抗がん剤


交感神経、副交感神経、どちらが過剰に緊張しても病気になってしまいます。でも、どちらが過緊張なのかによって、かかる病気は違ってきます。
交感神経の過緊張は、血流障害と低体温に加え、顆粒球が増加するので、粘膜や組織が破壊されてしまいます。そのため次のような病気になりやすくなります。

  • 胃潰瘍
    胃粘膜の損傷によって発症
  • 十二指腸潰瘍
    十二指腸粘膜の損傷によって発症
  • 潰瘍性大腸炎
    大腸粘膜の損傷によって発症
  • 間質性肺炎
    肺間質の細胞組織損傷によって発症
  • メニエール病
    内耳組織の破壊によって発症
  • 歯周病
    歯周組織の破壊によって悪化

交感神経過緊張の最大の原因は「働きすぎ」です。日本人は勤勉な人が多いので、どうしても仕事のしすぎや睡眠不足などで交感神経を緊張させてしまいます。

また、精神的なストレスも交感神経を緊張させます。現代社会では精神的ストレスを感じていない人などいないので、日本人のほとんどは、交感神経の「過緊張」とまでは行かなくても「かなり優位」な状態になっているといっていいでしょう。眠れない人が多いことや便秘が続く原因もこうした「過緊張」によるところがほとんどです。

でも、日本人の多くが交感神経過緊張になってしまっている原因は、これだけではありません。じつはもう1つ、大きな原因があるのです。それは「薬剤性ストレス」です。聞き慣れない言葉だと思いますが、薬によるストレスということです。薬は病気を治療するためにはとても大切なものですが、体にとってはストレスなのです。

日本の医療しか受けていないと気づきませんが、じつは日本という国は、世界一の抗生物質の濫用国です。抗生物質はおもに化膿止めや感染症の治療薬として用いられていますが、そのほかにも農薬や食品保存剤としても使われているので、薬を飲まない人でも知らず知らずのうちに摂ってしまっています。

こうして日本人の多くが継続して摂ってしまっている抗生物質は、交感神経を緊張させる薬です。そのほかにも日本人の多くが常用している、血圧を下げる薬「降圧剤」や、肩こりや腰痛のときに使う貼り薬の「湿布」も交感神経を緊張させます。

湿布で病気になるなんて、と思われるかもしれませんが、実際に湿布を20年間、毎日のように使っていたところ、気がついたときには、間質性肺炎になってしまったという方もいるほどです。

間質性肺炎というのは、肺の中の肺胞と肺胞の問の部分の組織が繊維のように硬くなってしまう病気です。この病気になると、肺が充分なガス交換をできなくなり、病状が進行すると死に至るとても怖い病気です。
間質性肺炎が薬の濫用でも発症することは医学の世界では有名で、「薬剤性間質性肺炎」という病名がつけられています。そして残念なことに、日本は世界各国から非難を受けるほど、この薬剤性間質性肺炎の患者が多い国なのです。薬剤性ストレスを防ぐもっともよい方法は、薬を飲まないことです。

でもそれは、現代生活を送る私たちにとっては不可能に近いことです。そこで、薬剤性ストレスによる病気にならないために、とくに気をつけていただきたい薬が3つあります。

使用する際は充分に考えてから判断するようにします。1つは「鎮痛解熱剤」、2つ目は「ステロイド剤」、そして3つ目が「抗ガン剤」です。

この3つの薬は、確実に交感神経を刺激するので、使用は必要最少限度にとどめることをお勧めします。かぜなかでも鎮痛解熱剤は、市販薬がたくさん出ており、頭痛や生理痛、風邪の発熱など、気軽に服用してしまいがちなので注意が必要です。

痛みがつらい、しんどい、我慢できない(解熱鎮痛薬) | 通販、薬局、ドラッグストアーで購入できる薬
https://kusiri-guide.com/archives/35のように手軽に手に入ってしまうこともこうした原因になっているかもしれません。

日本では、病院に行くと必ずといってもいいほど薬が処方されます。そしてまじめな日本人は、処方された薬をほとんど飲み切ります。
薬を処方しなければ成立しない現在の日本の医療制度にも問題がありますが、自分の体のことなのですから、薬についての知識をひとりひとりがきちんともち、そのリスクを知ったうえで飲むことが大切だと思います。