体温アップ健康法

朝食 には 枝豆 タラコ 梅干し を 食べる

朝食 には 枝豆 タラコ 梅干し を 食べる のがおすすめです。 クエン酸サイクルを効率よく回すには、ナイアシン、ビタミンB2、クエン酸の3つの物質が必要とされています。ナイアシンをたくさん摂りたければ、タラコを食べるのが一番です。ただし明太子になるとナイアシンがなくなってしまうので、ご注意ください。
体温アップ健康法

筋トレ前 には バナナ 直後 には チーズ

筋トレ前 には バナナ 直後 には チーズ にはどのような効果がるのでしょうか。たんぱく質は必ずトレーニング後10分以内に摂ります。これに関してはきちんとした論文があり、十分以内に摂るのがもっとも効果的で、二時間経ってしまうとまったく効果がないということがわかっています。
体温アップ健康法

スロトレ 効果

スロトレ 効果 についてです。加圧トレーニングに近い効果をもちながら、家庭で1人でも安全に行える「スロートレーニング」です。スロートレーニング、通称「スロトレ」とは、文字どおり非常にゆっくりとしたスピードで行う筋肉トレーニング法です。
体温アップ健康法

筋トレ 毎日 逆効果 3日に1度がベスト

筋トレ 毎日 逆効果 3日に1度がベストです。筋肉トレーニングが体にいいというと、まじめな日本人は、毎日欠かさずトレーニングを行ってしまう人が多いのですが、トレーニングのしすぎは禁物です。運動のしすぎも体にとってはストレスだからです。筋肉を鍛えるということは、別の言い方をすれば筋肉細胞をわざと傷つけるということでもあるのです。
体温アップ健康法

中年 筋トレ 機能回復にもおすすめ

中年 筋トレ 機能回復にもおすすめです。筋肉が増えると成長ホルモンの分泌が増えますが、この成長ホルモンの分泌が、テストステロンの分泌を促すというのです。それはすなわち、筋肉を鍛えることが男性更年期障害の改善や男性機能の回復につながるということです。
体温アップ健康法

筋トレ ボケ ( 痴呆症 ) 防止 におすすめ

筋トレ ボケ ( 痴呆症 ) 防止 におすすめです。日本でも最近、高齢者ドライバーによる事故が増えていますが、これは加齢とともに脳から筋肉への神経経路が衰え、脳が命令を発してから、実際に筋肉がその指令を実行するまでにかかる時間が長くなることが原因です。
体温アップ健康法

筋肉 量より質

筋肉 量より質 です。じつは筋肉を鍛えるうえでもっとも大切なのは回数や負荷ではないのです。筋肉を鍛えるうえでもっとも大切なのは、「脳から筋肉への神経の経路を鍛える」ことです。たしかに回数を増やしたり、徐々に負荷を増やしたりしていけば、筋肉は太く発達していきます。
体温アップ健康法

冷え 改善 筋肉 をつける

冷え 改善 筋肉 をつけることです。足の筋肉を鍛えるメリットは、たんに血行がよくなるだけではありません。筋肉が増えると、筋肉自体が熱をつくりだすので、血行改善と合わせて二重の効果で冷え性が改善されるのです。
体温アップ健康法

有酸素運動 脂肪 減らし 無酸素運動 筋力アップ

有酸素運動 脂肪 減らし 無酸素運動 筋力アップ に働きます。運動には、「有酸素運動」と「無酸素運動」の2つがあります。有酸素運動というのは、ジョギングやウォーキング、エアロビクスなど、比較的低い負荷で長時間続けられる運動です。 また、無酸素運動というのは、ウェイトリフティングや短距離走など、息を止めて短時間に強い力を発揮する運動です。
体温アップ健康法

筋肉 使わない とどんどん減少していく

筋肉 使わない とどんどん減少していくので毎日使うように考えたり、トレーニングは毎日(過度ではない)行うべきでしょう。通常の生活をした場合の加齢による筋肉の減少率が年間1% ですから、寝たきり生活をすると、たった2日間で1年分の筋肉を失ってしまうということです。皆さんも風邪などで一週間近く寝込んだあと、体がふらふらするのを体験したことがあると思います。あれは、風邪によって体力が消耗したということもあるのですが、筋肉が短期間で急激に失われてしまったため、体を支える力が低下してしまった結果でもあるのです。
タイトルとURLをコピーしました