体温アップ健康法

筋肉が減少 脂肪が増加 する 間違い ダイエット

筋肉が減少 脂肪が増加 する 間違い ダイエットについてです。カロリーを抑えるダイエットでもっとも怖いのは、やせるときは筋肉が落ち、リバウンドするときは、その分が「脂肪」として増えてしまうということです。 たとえば、カロリー制限で体重を3キロ落とし、その後リバウンドで3キロ体重が増えたとしましょう。そんなとき、多くの人は「もとに戻ってしまった」といいますが、それは違います。
体温アップ健康法

筋肉 体温 筋肉量を増やせば体温は自然にあがる

筋肉 体温 筋肉量を増やせば体温は自然にあがります。基礎代謝は同じ体重の場合でも女性より男性のほうが多いということにあります。じつはこの差は、男女の筋肉量の差です。男性は女性より筋肉の量が多いため、自然と基礎代謝も多くなるのです。
体温アップ健康法

高齢 病気 50歳を過ぎると病気になる理由

高齢 病気 50歳を過ぎると病気になる理由を紹介します。とくにリスクが高くなるので気をつけていただきたいのが、50代以上の人の低体温です。 同じ低体温でも、20代では深刻な病気になる人はそれほど多くありませんが、50代になると病気を発症してしまう人が急増します。
体温アップ健康法

体温 げれば OK

私達が 健康で病気にならない生活を送るための条件は 体温 上げれば OK です。細胞のダメージを回復させたくても体の機能が低下して回復させられない。そんな低体温がもたらす「負のスパイラル」から抜け出す最善の方法は、体温を上げることです。
体温アップで病気を改善

低体温不健康 高体温 健康

低体温不健康 高体温 健康 です。体温が低い原因はさまざまです。体温が1度上昇すると、体の中のさまざまな場所で、劇的な変化が生じます。まず、体温が上がると血行がよくなります。血行がよくなるということは、血液がスムーズに流れるということなので、結果的に血流量が増えることになります。
体温アップで病気を改善

1日1回 体温 1度上げる習慣

1日1回 体温 1度上げる習慣が健康への第一歩です。 低体温不健康 高体温 健康でも紹介していますが高体温になれば体の免疫力は大きく高まります。
体温アップで病気を改善

体温 アップ 内蔵脂肪 燃焼 に役立つ

体温 アップ 内蔵脂肪 燃焼 に役立つので紹介します。体温アップは冷え性改善だけでなくダイエットにも欠かせません。メタボの解決策は、なんと言ってもアディポサイトカインを生産する内臓脂肪をなくすことです。そのこと自体に間違いはないのですが、現在推奨されている方法が食事制限と運動療法だけというのは、効率的な方法だとは言い切れません。
体温アップで病気を改善

悪玉ホルモン はメタボの原因になる

悪玉ホルモン はメタボの原因になります。内臓脂肪には、皮下脂肪にはないとても怖い性質があるからです。それは「アディポサイトカイン」と総称される、体に悪影響を及ぼすホルモンを生産するという性質です。
体温アップで病気を改善

低体温 ガン細胞 を活発化する

低体温 ガン細胞 を活発化します。低体温の人はガン細胞が増殖しやすい」というのは最近の常識ですじつは、ガンを発症する人には低体温の人が多く、また低体温だとガン細胞の増殖スピードが速くなるのです。
体温アップで病気を改善

微熱 解熱剤 使うのは NG

微熱 解熱剤 使うのは NGです。風邪気味ぐらいで薬を飲むのは、かえってて体によくないので絶対にやめてください。現在アメリカでは、初期の風邪で薬を処方することはほとんどありません。軽い風邪のときに飲むのは、薬ではなく、ビタミンCとマグネシウムぐらいで十分です。
タイトルとURLをコピーしました